トイレ水漏れ原因によって対策も異なります

トイレ 水漏れトラブルとして、手洗い場や便器、あるいはタンクからの水漏れなどがありますが、原因によって修理が自分で出来る場合と、専門業者に依頼しなければならない場合があります。後者の場合は、便器のひび割れなど本体そのものの欠損や破損、電気系統の故障などがあげられますが、このような不具合が発生した場合、便器交換からリフォームなど大掛かりになることもありますので、予算などを検討することは重要です。

■よくあるトイレ 水漏れの一例

単純なトラブルの一例としては、ゴムフロートやパイプの隙間などにゴミが詰まって誤作動を起こしている場合、次に多いのが便器に流れる水を調節する球体についている鎖がハンドルに絡まっているケースなどがあげられます。さらに、ゴムフロート自体が劣化しているとか、浮き球がうまく作動しないなどです。どちらにしてもまず止水栓を止めてタンクの水を出す作業から始めましょう。ただ、タンクの下の方から水が漏れている場合は、タンクと便器をつなげているパッキンの劣化が考えられますので、別の修理になります。
タンクそのもののトラブルからタンク周辺のトラブルまで、それぞれ対応が異なりますが、よくある周辺部のトラブルとしてはホースとタンクの連結部からの水漏れで、原因としてパッキンの劣化が考えられます。場所によってはバルブの交換をしなければならないこともありますが、これらの修理、部品交換で解決しないときはやはり専門業者に依頼する事になります。

■自分で修理できないトイレ水漏れ

トイレ 水漏れはそれ程頻繁に起きるわけではないですが、起きてしまうと被害が大きくなることが多いと言われています。例えば、ポタポタ水が流れ続けるような場合は、ウォシュレットの故障か、あるいは電気系統の故障も考えられます。コンセントを抜いて専門の業者に見てもらいましょう。どの程度の修理になるかは見積もりを取り決定しますが、故障箇所だけの修理、あるいは部品交換か、さらにはトイレの部屋全体をリフォームするのか、家族構成も含めて話し合う必要があります。


■まとめ
トイレ水漏れトラブルの解決策として、便器そのものを交換するケースとタンクをはじめとして周辺部のトラブルに対応するケースに大別できます。水漏れは、一般的には水が溜まっている箇所から漏れていると考えられるので、タンクあるいはその周辺部や接続部をまず確認する必要があります。タンク内での鎖の絡みやごみなどの軽微なトラブルから便器自体の損傷まで多岐に渡りますが、トラブルに遭遇した場合、まずしなければならないことは止水栓の位置を確認し、水を止めることです。また、便器の損傷をはじめとして最近の高度にシステム化したウォシュレットなどの故障はやはり専門業者に依頼するのが適切でしょう。トイレは家族全員の健康状態にも大きく影響を及ぼす大切な場所です。原因が確認できればどの程度の修理が必要なのか判断し、適切に迅速に対応する必要があるでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ