トイレ水漏れがタンクにある場合の注意点

トイレの水漏れトラブルが起こった場合、従来のタイプだとまず水漏れの場所を特定することが重要です。集合住宅などの場合は特に階下に被害が広がる可能性もありますので、緊急かつ速やかに止水した後、水漏れ箇所を探り出すこととその原因の特定が必要です。便器のタイプで修理方法が異なりますが、最近はタンクレストイレも普及しているので、専門業者以外が水漏れの原因を特定し、修理するのは困難になってきています。

■トイレ 水漏れの原因の探り方

トイレのトラブルについて、もともと水が流れているところから水が漏れて止まらないという場合は、その原因がタンク、あるいはその関連部品にあると言えます。水漏れのトラブルは、まずどこから漏れているか特定する事が重要ですが、その方法として、漏れている箇所を直接触って確認していきます。
次に、濡れている場所の中で最も高いところを破損箇所と判断し、その後対応を考えます。最近は様々なデザインの便器がありますので一概には言えませんが、水漏れの箇所がタンクより下ならば便器の破損、タンクと手洗いの間なら外装の破損と考えることができます。

■新旧それぞれのタイプのトラブル対応について

最近はトイレのデザインも多様化しており、便器とタンクが一体化したデザインやタンクレストイレなどがあります。このような、新しいデザイン性に優れたコンパクト設計の便器の場合、トラブル解決には本体の機能部をまるごと交換しなければならないこともあります。それに比べて、古いタイプはトラブルの状態にもよりますが、内部を点検し、ホームセンターなどで手に入る部品を交換することで対応できることもあります。
高機能トイレの場合は、タンクレスやタンク一体型トイレが多く設置されていますので、従来水漏れの原因として多かったトラブルがどちらかと言えば少なくなり、電気系統のトラブルなどが件数としては多くなってきています。従って、最近はトイレ 水漏れトラブルの解決について、自力では対応できにくくなってきています。

■まとめ
水が漏れている場合は、原因が2つに大別され、まず外装の破損や内部の部品の不具合や破損などがあげられ、さらに関連箇所のホースや接続部の不具合による水漏れが考えられます。修理方法として、それぞれ自力で対応できる場合と専門業者に依頼が必要な場合にわかれます。最近はデザイン性を重視したタンクレスやシステムトイレなどが、新築やリフォームなどで多く設置されていますので、タンクそのものが原因と断定できるトラブルは次第に少なくなってくるでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ