トイレの水漏れが起きたらするべき事と注意点

トイレの水漏れが起きたらするべき事と注意点 トイレの水漏れトラブルは頻繁に起きる故障ではありませんが、一度起きてしまうと大きな問題になるのが特徴です。部品交換や修理だけでは対応できない場合、便器やウオッシュレット本体の交換も選択肢の一つになりますが、その際、見積もり内容の確認を含めてどこまで工事を希望するのか事前に考えておく事が必要です。

■水漏れの初期対応からトイレの交換までの注意点

水回りのトラブルとして、水が止まらない、ポタポタ落ちる、床が濡れるなどが挙げられますが、まず水がどこから漏れているのか調べなくてはなりません。便器やウォシュレット、あるいはタンクなど本体に原因がある場合と、ホースや接続部に原因がある場合に大別され、本体の破損や故障の場合は本体の交換が必要になる事もあります。
自力で部品交換を含めて修理するのか、あるいは専門業者に依頼するのか、どちらにしても応急措置として直ちにしなければならない事は、流れっぱなしになっている水を止める事です。トイレのタンクにつながっている止水栓を見つけて右に回し水を止めます。止水栓の場所については日頃からチェックしておくといいでしょう。万が一見当たらない場合は、ネットで調べると画像がアップされていますので参考になります。水漏れの原因としては、接続部や部品の不具合から便器本体の破損、故障まで多岐に渡りますが、さらに、ウォシュレットなどでは電気系等の故障が考えられます。

■タンクが故障している場合
水漏れの修理として、本体の交換が必要であればもちろん専門業者に依頼するのですが、不具合の箇所によっては、自分で修理できる水漏れもあります。例えばタンクの内部であれば、部品交換などで自力修理が可能な場合もあります。
部品交換については、ホームセンターなどで部品を探し、交換方法は添付されているマニュアルを参考にするといいでしょう。部品交換以外の不具合としては、鎖の絡まりや外れからゴミが詰まっているなど、ちょっとした事でも水漏れの原因となりますので、専門業者に依頼する前に一度確認しておいてもいいでしょう。

■トイレの交換が必要な場合

トイレの交換が必要な故障の場合は専門業者に依頼するのですが、状況説明の際、慌ててしまいパニックに陥ってしまうこともあります。どの箇所から水が漏れているかで工事内容も異なりますので、落ち着いて状況説明ができるようにしましょう。
トイレの交換が必要になった場合、リフォーム費用の見積もりをとるのですが、その際追加費用について注意しなければなりません。当日追加費用という見積もりなどは論外ですが、やはりそれなりに大掛かりな工事ですので、工事費、備品代、処分費用などの項目を確認しておくといいでしょう。トイレの交換工事ですが、部屋全体をどうするのか、システムや手洗い場所も含めて検討する必要があります。

■まとめ
トイレの水漏れを解決するためには、その原因を突き止めなければなりませんが、その際、水漏れという非常事態に落ち着いて対応する必要があります。まず初期対応として最も重要な事は、流れ続けている水を止める事から始めますが、それと同時にどこから水が流れ出しているのかを探ります。本体の破損や故障が原因でトイレの交換が必要な場合もありますし、部品の劣化や不具合などその原因によって対応も異なります。
本体の交換が必要、あるいは希望する場合は小規模リフォームとなり、見積もりを取る事から始めますが、工事費用の内訳として出張費や廃棄費さらに追加部材費など項目別に確認する事が大切です。さらにシステムトイレになると手洗い機能や床、壁などの工事が追加されますので、時間がそれなりに制限されている工事ですが、工事内容について工事担当者との話し合いは必要でしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース